歌詞の意味

あいみょん「1995」歌詞の意味を考察丨武道館ライブで書き下ろされた”自身”を歌った曲!

武道館ライブで披露された伝説の楽曲「1995」。自身が生まれた”1995年”をテーマにしています。この曲にはあいみょんの感じている思いが強く込められています。

ここでは、「1995」の歌詞について深堀りをしていきたいと思います!

どんな曲?

まだ聴いたことがない人は…

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
まだ聴いたことがない人は、ぜひ一度実際の楽曲を聴いてから歌詞の意味をご覧ください!といっても、この楽曲を聴くには「AIMYON BUDOKAN -1995-」のBlu-rayを購入する必要があるのでちょっとハードルが高いかもしれないですね…

出典:あいみょん – AIMYON BUDOKAN -1995-【Live BD&DVD Trailer】

AIMYON BUDOKAN -1995-(通常盤) [ あいみょん ]
AIMYON BUDOKAN -1995-(初回限定盤) [ あいみょん ]

楽曲詳細

リリース日&収録

あいみょん – AIMYON BUDOKAN -1995-【Live BD&DVD】

曲の長さ

視点

あいみょん自身

タイアップ

テーマ

この曲のテーマは、「(あいみょんが生まれた)1995年」です。

「生まれてきたことへの感謝」や「歌うことの意味」など、あいみょんがこれまで感じてきた思いを独特の表現で綴っています。

歌詞の意味を深堀り!

ここからは、「1995」の歌詞について(部分的に区切っていきながら)迫っていきたいと思います。

全て個人的な見解ですので、正解というわけではありませんのでご了承ください。みなさんもこの記事を参考にして、ぜひ自分なりの解釈を考えてみてください!

だあれも知らない私の〜

だあれも知らない私の
ホントの生まれた意味など
秘密の部屋で作られた
化学によく似た夜から

出典:「1995」作詞あいみょん

私の生まれた”本当の意味”など誰も知らない。

ある意味化学とも言える神聖な儀式が行われた夜、私は作られた。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
  男女の営みを「秘密の部屋で作られた化学によく似た夜」という表現にしたのは、まさにあいみょんならではと言えます。

だあれも知らない私と〜

だあれも知らない私と
母ちゃんを繋いだ臍の緒
秘密の合図で飛び出したんだ
地球は青かった

出典:「1995」作詞あいみょん

まだ誰も知らない何者でもない私と母親を繋いだ臍の緒。お腹から飛び出した瞬間、「地球は青かった」と、まるで宇宙に飛び出したように感じた。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
  あいみょん誕生の瞬間。表現のスケールがデカイ!

生まれたその日から泣くこと〜

生まれたその日から泣くこと
許してくれてホントありがとう
あの時よりも今でかい声で歌うからね

出典:「1995」作詞あいみょん

「生まれたその日から泣くことを許してくれてホントありがとう」

「あの時よりも今でかい声で歌うからね」

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
  お母さんへの感謝の言葉が感動的です。その感謝の気持も合わせて一生懸命に歌うよ、というメッセージもまた良いですね。

永遠はきっとないからみんな〜

永遠はきっとないからみんな
瞬間を目に焼き付けて
こんなにさ 幸せって事を
伝えたいだけの歌
歌唄い気取りの勘違いの歌

出典:「1995」作詞あいみょん

永遠なんてものはないから、この瞬間を目に焼き付ける。今がこんなにも幸せなんだと伝えるために歌う歌。気取ってて勘違いと思われたっていい。私が歌いたいんだから。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
  あいみょんの歌う意味や覚悟が感じ取れるフレーズですね

だあれも知らない私の〜

だあれも知らない私の
ホントの言いたい事など
猪突猛進で書き留めたんだ
理由は有るようで無い

出典:「1995」作詞あいみょん

私の本当に言いたいことなど誰も知らない。とにかく勢いに任せて曲を書き溜めた。その理由はあるようでない。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
  ほんとうの意味では、他人から自分を理解されることは無い。だからこそ、自分の気の向くままに突き進めるのかもしれないですね。

ギターケースを買う金もない〜

ギターケースを買う金もない
錆びた弦と脳みそ煮詰めながら考えていたのさ
歌いたいことなんだっけ

出典:「1995」作詞あいみょん

ギターケースを買うお金もない。アイディアも簡単には出てこない。自分の本当に歌いたいことって一体なんだっけ?

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
  決して、環境にも才能にも恵まれていたわけでもないのかもしれない。やりたいことも分からない。そんな状況下でも、希望を捨てずに走りきった。そんなバックグラウンドが私には見えました。

えいみょん
えいみょん
そういえば、あいみょんが上京したとき、お金がなくてハードケースが買えず、ソフトケースにギターを入れてたってエピソードを語ってたときがあったなー

だあれかさんの言う通り〜

だあれかさんの言う通り
ホントに私アホなんだ
秘密の合図で始めようぜ
自由に揺れながら

(中略)

出典:「1995」作詞あいみょん

私は本当にアホだった。自由という名のもとに”秘密の合図”で始めよう!

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
  ”だあれかさん”とは特定の人物ではなく、過去にそういう人っていたよね?という共感を呼ぶものとしての三人称なのかなと思いました。

”秘密の合図”とは周りには分からない、自分たちだけが分かるもの。周りに左右されることなく、自分たちの意思で始めようぜ!というメッセージが込められている気がします。

まとめ

生まれてきた意味は自分自身で作る

初めてこの曲の歌詞と真剣に向き合ってみて、やっぱり「あいみょんだな」と改めて強く感じた楽曲でした。ちょっと乱暴だけどしっかり芯を捉えた歌詞には、心が震えました。

迷ってもいい、でも最後は「他人に頼ることなく自分を信じ抜け」。そんなメッセージを貰えた気がしました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA