歌詞の意味

あいみょん「ミニスカートとハイライト」歌詞の意味を考察丨ハイライトって何?邪魔する”あいつ”とは誰?

ミツメ・川辺素氏がプロデュースしたことで話題となった楽曲「ミニスカートとハイライト」。今までのあいみょんの楽曲にはない、新たなリズム感が味わえる曲となっています。

今回は「ミニスカートとハイライト」の歌詞について深堀りをしていきたいと思います!

どんな曲?

まだ聴いたことがない人は…

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
まだ聴いたことがない人は、ぜひ一度実際の楽曲を聴いてから歌詞の意味をご覧ください!きっとあいみょんの世界観に引き込まれていくことでしょう。

出典:Mini-Skirt and Hi-Lite

楽曲詳細

リリース日&収録

2021年5月26日発売 11thシングル「愛を知るまでは/桜が降る夜は」カップリング曲

曲の長さ

2:48(イントロ 0:08)

視点

男性

タイアップ

テーマ

この曲のテーマは「気になる女性に”彼氏がいた”ことに気付いた男性」です。

”ミニスカートとハイライト”というキャッチーなフレーズから繰り広げられる歌詞は、男性ならば特に共感できる内容ではないでしょうか。

歌詞の意味を深堀り!

ここからは、「ミニスカートとハイライト」の歌詞について(部分的に区切っていきながら)迫っていきたいと思います。

全て個人的な見解ですので、正解というわけではありませんのでご了承ください。みなさんもこの記事を参考にして、ぜひ自分なりの解釈を考えてみてください!

ミニスカートとハイライト〜

ミニスカートとハイライト
イカした彼女のボーイフレンドが
俺だったらいいのに
俺だったらいいのにな

出典:「ミニスカートとハイライト」作詞あいみょん

ミニスカートを履いてハイライトが入っているおしゃれな髪。そんなイカした女性の彼氏が自分だったらいいのにな。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
ここでいう”ハイライト”とは何なのか。メイクでもハイライトって言いますよね。あと、タバコの銘柄にもあります。ですが、私は髪色のハイライトとふんでます!(根拠なし)
ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
ところで一人称が”俺”というのは、「ほろ酔い」以来2度目ですね。なかなかレアです。
あいみょん「ほろ酔い」歌詞の意味を考察丨酒に溺れた男の末路とは?ここでは、あいみょんの魅力を最大限に感じることができるように楽曲や歌詞の意味について紹介しています。今回は、あいみょんの「ほろ酔い」をピックアップしました。...

ショートカットに赤い紅〜

ショートカットに赤い紅
目が離せない彼女のボーイフレンドが
俺だったらいいのに
俺だったらいいのにな

出典:「ミニスカートとハイライト」作詞あいみょん

ショートカットに赤い口紅。目が離せないほど魅力的な女性の彼氏が自分だったらいいのにな。

はやくはやく彼女のあの唇に触れたいのだけれど〜

はやくはやく彼女のあの唇に触れたいのだけれど
いつもいつも邪魔をするあいつは誰だ?

(中略)

出典:「ミニスカートとハイライト」作詞あいみょん

そんな魅力的な彼女の唇に触れたいけれど、なかなかそうはいかない。いいところでいつも邪魔をしてくる”あいつ”は一体誰だ?

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
彼女になかなか近づけない、近づこうとすると邪魔をしてくる人物。それは、その女性の彼氏ですね。邪魔をしてくるという表現をしていますが、恐らくただ一緒にいるだけなのでしょう。主人公の男性からすれば、この男さえいなければ…という思いでそう感じてしまっているようです。

電気ショックをうけたのさ

電気ショックをうけたのさ
ミステリアスな彼女のボーイフレンドは
俺なんかじゃないらしい
俺なんかではないらしい

出典:「ミニスカートとハイライト」作詞あいみょん

いつもミステリアスな彼女に対して、電気ショックを受けたように”ビビビ”っと来た彼。でも、どうやらボーイフレンドは俺ではないらしい。

朝も夜も彼女の夢を見て抱きしめているのだけれど〜

朝も夜も彼女の夢を見て抱きしめているのだけれど
いつもいつも邪魔をするあいつの正体は?

出典:「ミニスカートとハイライト」作詞あいみょん

寝ても覚めても彼女のことばかり考えてしまう。それなのに、いつも邪魔をしてくるあいつは何なんだ?

俺よりも先に彼女のあの魅力に気付いた奴〜

俺よりも先に彼女のあの魅力に気付いた奴
良い趣味してる 仲良くなれそうだ
いまは無理だけれど

出典:「ミニスカートとハイライト」作詞あいみょん

俺よりも彼女の魅力にいち早く気がついてアプローチするなんて、なんていい趣味しているやつだ。きっと仲良く慣れるだろう。もちろん、今は恋敵として仲良くなれるわけはないが。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
一見、負け惜しみのようにも感じますが、実際本当にそう思っているのかもしれません。そして、きっとこの男性は彼女のことを諦めたわけではないでしょう。

まとめ

男の脳内が丸裸に…

気になる人にはすでに恋人がいた、なんて経験皆さんあるのではないでしょうか。特に今回は、男目線での歌詞でしたがまさに共感できました。最後の「良い趣味してる 仲良くなれそうだ」という言葉も、さすがあいみょん様といった感じ。

おまけ:あいみょんの言葉

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA