歌詞の意味

あいみょん「青春と青春と青春」歌詞の意味を考察(メイキング映像あり)丨青春全部のせ楽曲!

イントロからアウトロまで、全てに青春の匂いがする名曲「青春と青春と青春」。誰もが初恋を思い出してしまう楽曲ではないでしょうか。ちなみに、あいみょんが二十歳のときに作った曲とのことです。
そして、2021年7月にはMVもリリースされ話題を呼びました。

ここでは、「青春と青春と青春」の歌詞内容を深堀りしていきます!

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
タイトルが長いので、あいみょんはよく「青春と青春」と略していますね

どんな曲?

まだ聴いたことがない人は…

まだ聴いたことがない人は、ぜひ一度実際の楽曲を聴いてから歌詞の意味をご覧ください!きっとあいみょんの世界観に引き込まれていくことでしょう。

出典:あいみょん – 青春と青春と青春【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

メイキングが気になる方はこちら↓ ※YouTubeでは2021.7.23までの限定公開

出典:あいみょん – 青春と青春と青春【MAKING MOVIE】

楽曲詳細

リリース日&収録

2017年8月2日発売 3rdシングル「君はロックを聴かない」カップリング曲

2021年6月30日発売 7インチシングル盤「君はロックを聴かない/青春と青春と青春」

曲の長さ

5:17(イントロ 0:35)

視点

男性

テーマ

この曲のテーマは「『君』に恋をした青春」です。

学生時代の微妙で絶妙な関係の男子と女子。一緒にいるうち、彼女に恋をしていた、甘酸っぱすぎる夏の思い出。

歌詞の中では、「実際に起きている現実」と「男の子が想像する夢の世界」が一緒くたに描かれています。

歌詞の意味を深堀り!

ここからは、「青春と青春と青春」の歌詞について(部分的に区切っていきながら)迫っていきたいと思います。

全て個人的な見解ですので、正解というわけではありませんのでご了承ください。みなさんもこの記事を参考にして、ぜひ自分なりの解釈を考えてみてください!

夢を見た 君と恋をする夢を〜

夢を見た 君と恋をする夢を
塩辛い風が吹く場所で手を繋いでさ
砂浜に足がのまれすぎて まるで二人は
駆け落ちして親から逃げてるようだ

暑苦しい僕と 「楽しいね」って
汗を拭う君は蜃気楼か

出典:「青春と青春と青春」作詞あいみょん

(男の子の夢)海の砂浜で手を繋いぎ、まるで駆け落ちしているカップルのように走っている。「楽しいね」と微笑む彼女を見て、まるで蜃気楼かと思うほどに現実離れしているように見えた。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
このパートは”男の子が想像する夢の世界”を描いています。当時、女の子に告白して付き合えたらこんな青春を送っていたかもしれないな、という想像の世界の僕ですね。

青春が夏風にのって君を連れてきたんだろうな〜

青春が夏風にのって君を連れてきたんだろうな
カレーライスの匂いなんかで誰かを愛おしく思う夏に
恋をしたくなるんだろうな きっと花火とか金魚のせいだ
嗚呼 今日も夢を見る

出典:「青春と青春と青春」作詞あいみょん

夏になって、青春の記憶が蘇ってきた。カレーライスの匂いで思い出したのだろうか。それとも花火やお祭りの金魚すくいのせいなのか。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
おそらく、実際の青春時代は告白できずに片思いで終わってしまった相手を、大人になった夏に思い出して懐かしんでいるのでしょう。

夏期講習の憂鬱さとは裏腹に〜

夏期講習の憂鬱さとは裏腹に
君がスイミングスクールの日たまに会える嬉しさがある
電車の中腰を丸めて文庫本を読む姿が本当神秘的で
つり革にぶら下がりたい気分さ

なびかせる髪は
きっとこのやらかい海と似合うだろうな

出典:「青春と青春と青春」作詞あいみょん

誰もが嫌だった夏休みの夏期講習。でも、当時の”僕”は、スイミングスクールや電車で”君”に会えるのがすごく楽しみだった。

きっとその長い髪は、海にとっても似合うんだろう。

夏風が青春と一緒に君を連れて来たんだろうか〜

夏風が青春と一緒に君を連れて来たんだろうか
ノースリーブにポニーテールは僕の口先がとんがってしまう
生ぬるい味の空気がより心臓を早く走らせて
嗚呼 これは恋さ

出典:「青春と青春と青春」作詞あいみょん

ノースリーブとポニーテールは、当時の”僕”には刺激が強すぎた。恥ずかしくなって、口先をとんがらせてしまうほどに。そして、夏の生暖かさが余計に緊張を誘う。

これが”恋”なんだと、改めて感じた瞬間だった。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
1サビでは「青春が夏風にのって君を連れてきたんだろうな」と、主語が青春でしたが。2サビでは「夏風が青春と一緒に君を連れて来たんだろうか」と、主語が夏風に変化しています。こういった細かい描写の変化も見逃せませんね。

扇風機の音が〜

扇風機の音が どうもわからないけれど僕をせかす

熱すぎるコンクリートには 何度”好き”と書いても蒸発して
図書館でほら小さな声で話したりもしたいんだよな

出典:「青春と青春と青春」作詞あいみょん

好きと言いたけれど言えない。この緊張感では、扇風機の音ですら急かされているように感じる。

何度「好き」と言おうとしたか。「好き」という言葉を言おうとする度に、その言葉は消えていった。

せめて、図書館で小さな声で話したりくらいできればなぁ。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
青春時代の図書館って、何か特別な空気感がありましたよね。特に異性と一緒だったら、それだけで楽しかっただろうな…

まとめ

青春はいつまでも宝物

「あの時、彼女に告白していれば」「当時あの子は、自分のことどう思っていたんだろう」など、青春時代の忘れ物は誰しもが少なからず持っているものですよね。

「青春と青春と青春」の主人公も、告白はできなかったけれど”君”との青春をいい思い出として思い返しています。

この歌を聴く度に、「青春ってなんかずるい!」「もう一回青春やらせてー」と思わず叫びたくなってしまいます。

おまけ:あいみょんの言葉

基本的には私の妄想で書いてるんですけど、やっぱり自分の青春の思い出やったりは組み込むので、無意識にストーリーに入ってるかもしれないです。「青春と青春と青春」は特にそうかも。

この2人は両思いなのか片思いなのか、付き合ってんのか付き合ってないのか、そういう部分は聴き手に委ねたいんです。曲にメチャメチャ意味を持たせるよりは、聴く側がその曲の物語のラストを作ると思っているので。 ただ、この曲で少しでも懐かしくなってくれたならって思います。青春って、誰にでもあるものだと思うし、それは10代に限らず、30代・40代だって青春やと思うし。

私は共感して欲しくて曲を書いている訳ではないけど、それでも私の恋愛感や想像に入り込んでくれたんやったら、物語のラストを作ってくれたんだと思いますし。

例えば好きな女の子に男の子がイタズラするって、恋愛丸ごとやと思うんですよね(笑)。これって、メチャメチャ青春やと思うし、子供のときしかできないじゃないですか。大人になってからやってたら、相当ヤバイですけどね(笑)。この曲の「カレーライスの匂いなんかで誰かを愛おしく思う」の部分は、私の実家の近くって夕方になると、鯖の煮付けかカレーライスの匂いがするんですよ。だから、今でもカレーライスの匂いを嗅ぐと実家に帰りたくなるし、きっとそんなイタズラも恋愛も、全てにおいて青春やって思いますね。

(「電車の中 腰を丸めて文庫本を読む姿が本当神秘的で」について)きっかけは、アメトーークの「読書芸人」なんですよ。オアシスの光浦靖子さんが、女の子が文庫本を読むときの姿勢でモテる・モテないの話をされてて、その真逆を言おうと思ったんです(笑)。

出典:L Music

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA