歌詞の意味

あいみょん「森のくまさん」歌詞の意味を考察丨表題曲「ハート」のカップリング曲!

童謡でおなじみの「森のくまさん」ですが、ここでは彼を”森”に例えて、その森に翻弄され彷徨う女性の姿を描いています。童謡「森のくまさん」の歌詞とは全く違った、新しい「森のくまさん」が味わえます。

今回は「森のくまさん」の歌詞について深堀りをしていきたいと思います!

どんな曲?

まだ聴いたことがない人は…

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
まだ聴いたことがない人は、ぜひ一度実際の楽曲を聴いてから歌詞の意味をご覧ください!きっとあいみょんの世界観に引き込まれていくことでしょう。

出典:Bear in the woods

楽曲詳細

リリース日&収録

2021年11月24日発売 12thシングル「ハート」カップリング曲

曲の長さ

3:21(イントロ 0:13)

視点

女性

タイアップ

テーマ

この曲のテーマは「叶わない、実らない恋」です。

好きな彼を追いかけて追いかけて、でも追いつけない。そんな女性の心の動きを歌詞に乗せています。あいみょん得意の”切ない恋”の歌をご堪能ください。

歌詞の意味を深堀り!

ここからは、「森のくまさん」の歌詞について(部分的に区切っていきながら)迫っていきたいと思います。

全て個人的な見解ですので、正解というわけではありませんのでご了承ください。みなさんもこの記事を参考にして、ぜひ自分なりの解釈を考えてみてください!

初めてそうなった時の事を〜

初めてそうなった時の事を
思い出して死にそうになってる
薄っぺらかったよ全部
すぐに破けてしまうくらいの
薄さで繋がってた

出典:「森のくまさん」作詞あいみょん

彼と出会って”初めて”を迎えたその日。その時のことを思い出して、死にそうになるくらい嫌気が差している。薄っぺらな関係だけで繋がっている二人。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
あいみょんが「初めてそうなった時」といったら、もう”アレ”のことしかないですよね。あいみょんの歌を聴いていると、勝手に脳内変換されてしまう仕様になってしまってます。
ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
後で思い出して「まじで自分なんであんなことしたんだろ」みたいなことって誰にでも経験あるやろ?

朝方乾いたファンデと口紅で〜

朝方乾いたファンデと口紅で
更に抱き合った 死ぬほど愛してる
分厚い心でキスしてる
それくらいの覚悟がないと
また泣くことになるからね

出典:「森のくまさん」作詞あいみょん

朝になって乾いているファンデーションと口紅。昨日より更に強く抱き合って、彼への愛を感じる。昨日のような薄い関係じゃなく、もっと分厚い心でキスをする。それくらい愛を注がないと、また泣かされることになっちゃうから。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
今回もあいみょんが得意とする彼への一方的な恋をする女性がリアルに描かれていますね。「乾いたファンデと口紅」という表現が生々しくて、なんだかゾワッとします。

それでもやっぱり苦しい〜

それでもやっぱり苦しい 苦しい
貴方という海に溺れている
泳いでも もがいても 進まない
距離も関係も

出典:「森のくまさん」作詞あいみょん

こんなにも彼への強い愛があっても、ずっと苦しいまま。どんなにもがいても、一向に彼との距離は縮まらないまま。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
彼という「海」に飲まれて溺れている表現が秀逸です。

初めてブチギレた時の事を

初めてブチギレた時の事を
今更掘り返して死にそうになってる
腹が立ってたのは事実
それに悔しくてたまらなかった
都合よく使われて

出典:「森のくまさん」作詞あいみょん

こんなにも好きなのに彼にはただの”都合のいい女”。そんな扱いにブチギレたのを思い出して、今になって死にそうになってる。でも、あの時は本当に悔しくてたまらなかった。

えいみょん
えいみょん
ブチ切れた後ってなんであんなに後味が悪く感じちゃうんだろ。でも、きっと理性が勝って冷静でいたとしても、それはそれで「なんで強く意見できなかったんだろ」って後悔することになるのかも。あー、生きるって難しい。

それからやっぱり悲しい〜

それからやっぱり悲しい 悲しい
貴方という森で彷徨って
歩いても 歳取っても 進まない この物語は
諦めがつくような出会いがあれば
私もすぐに乗り換えるかもしれないよ?

出典:「森のくまさん」作詞あいみょん

私はずっと悲しいまま。貴方という森でひとり、ずっと歩いていても関係性が進むことはない。素敵な異性との出会いがあれば、貴方を諦められるのかもしれない。

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
先ほど彼を「海」にたとえていましたが、今度は「森」に例えて彷徨っている姿を描いていますね。
えいみょん
えいみょん
「諦めがつくような出会いがあれば 私もすぐに乗り換えるかもしれないよ? 」ってちょっと強がってるけど、結局彼が好きなんやろ?

こうして大嘘ばかりをついては〜

こうして大嘘ばかりをついては
何度も貴方を追いかけたわ
叫んでも 転んじゃっても おかまいなし

(中略)

出典:「森のくまさん」作詞あいみょん

貴方を諦められるのかもって嘘をついては、なんども貴方を追いかけてる。叫んでも、転んでもおかまいなしに…

ぽんすきぃ
ぽんすきぃ
どんなに振り向いてくれなくても、好きな気持ちは抑えられない。そんな一途な女性の姿がなんとも言えなく、ちょっと切なくなりますね。

まとめ

”報われない”という美学

結ばれないからこそ美しい、ということもあるのかもなーとこの歌を聴いて感じました。当然のことながら、本人にとっては「結ばれて、報われた恋をしたい」と思うはず。でも、過去を振り返ってみると、意外や意外。「あの時、報われなかったからこそ今の自分があるんだ」って前向きになれる瞬間もまたあるもんなんですよね。

おまけ:あいみょんの言葉

“ハート”と“森のくまさん”の主人公が置かれている状況は、わりと一緒なんです。でも音楽や言葉のおもしろいところで、同じ状況に置かれていても、これだけ違う曲になるのはいいなあと思って

〜略〜

――あとね、サビ終わりの《進まない 距離も関係も》は、倒置法になってるじゃない? あいみょんは倒置法をよく使うんだけど、本当に上手だよね。

「国語は苦手だったんですけど、倒置法とかだけはできるんですよ(笑)。“森のくまさん”は、童謡の“森のくまさん”のイメージ。追いかけっこしてる感覚で、楽しみながら作った記憶がありますね」

――これは、さっき話してくれたように、“ハート”との主人公と置かれているシチュエーションはーー。

「わりと一緒。遊ばれているような、実ってない、叶ってないっていう女の子の状況だけど、ひとつの題材だけで、こんなに違う女の子を書けるって思うと、すごい楽しいなって思います。言葉の選び方で、こんなにも変わるんや、って。“森のくまさん”は暴力的(笑)。“ハート”は《起きてすぐ描くアイライン》、こっちでは《朝方乾いたファンデと口紅》。そういう、リンクする部分も、自然とあったりして、おもしろいかなって。“森のくまさん”は、10代の頃から作ってきた音楽な感じ。軽快な感じで辛いことを楽しく歌ってる曲は、今までも結構作ってきたので、こういう軸は全然変わってないなって、客観的に見ても思います。また、こんなだらしない女の子のこと書いてる、みたいな(笑)」

出典:rockin’on.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA